アクセスカウンタ

Succulent Photo Gallery

プロフィール

ブログ名
Succulent Photo Gallery
ブログ紹介
(ノ´▽`)ノオオオオッ♪
今日はキレイな写真が撮れたぞ (*'ω`p)q
ってな時にブログを書きたくなります笑

2014年8月20日から2週間
植物を見るために南アフリカへ行ってきました
現地で撮影した画像を
テーマ区分:WILD Flower にて紹介しています(*‘∀‘)

2018年11月21日から12日間
植物を見るために南米アルゼンチン→チリへ行ってきました。
現地で撮影した画像を
テーマ区分:Argentina to Chile にて紹介していきます(*‘∀‘)

書籍に植物の写真を掲載させていただいています。
テーマ区分:書籍紹介 をご覧くださいませ
zoom RSS

Ephedra chilensis エフェドラ チレンシス

2019/01/21 00:00
画像
Photographed on 23.November.2018_9:25
(República Argentina Local time)
flag053

Ephedra chilensis
エフェドラ チレンシス


直感的に松!って思ったけど やっぱり松だった◎


同じようなフォルムのユーフォルビアを南アフリカで見たので



ユーフォルビアかなぁ?と近づいたら幹が松だった

aDSC_0119 Ephedra chilensis エフェドラ チレンシス


aDSC_0202 Ephedra chilensis エフェドラ チレンシス



aDSC_0204 Ephedra chilensis エフェドラ チレンシス

彼らも私と一緒ですきまが好きみたい



aDSC_0135 Ephedra chilensis エフェドラ チレンシス

アルゼンチンの旅から帰って一ヶ月半過ぎて
いろいろ聞かれるのは現地の気温や天気の話
自分がもしかしたら訪れる可能性があるのかも?と
思うから聞くのかな?って少し嬉しくなったりして笑



温度って標高にもよると思うのだけど
1つ目の宿泊地Zapalaの標高は 1010 m
2つ目の宿泊地 Alumine Lake は1950 m

11月下旬 アルゼンチンは春のはじまりの頃
朝にはマイナス3度まで下がり霜柱
日中は乾いた風で日差しも強く25度程度まで上昇
(ネットで見た天気予報による情報)

どれくらいの装備(服装)で車を降りて良いのか毎回迷う
植物を探して歩きはじめると暑くなるし
強い風が吹けば汗が身体を冷やす

日本にいると植物の心配でインターネットの天気予報を
一日なんども確認するけど
アルゼンチンやチリの旅だってボタニカルツアーとなれば
天気が命だからやっぱり何度も見直したくなるのは
天気予報

アルゼンチンもチリも
乾いた乾いた乾いたイメージだけれども
ブエノスアイレスに到着した日、ブエノスアイレスで
アルゼンチンからチリに陸路で入国した日、アルゼンチンで
私達は雨に逢ったし虹も見た

雪をも楽しんで地球の裏側に来たんだなと
不思議な気分に

aDSC_0227
そしてやっぱり植物と一緒に楽しみたいのが
昆虫類や動物
ツアーリーダが手乗りを披露笑

世界中の昆虫も見て歩きたいよね



 沢山の多肉植物に逢いに行きませんか? 
ポチ↓いただけると励みになります


にほんブログ村
ランキングに参加しています(´▽`*)



記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


Cerastium arvense セラスチウム オーベンセ

2019/01/20 10:13
画像
Photographed on 23.November.2018_10:30
(República Argentina Local time)
flag054

Cerastium arvense
セラスチウム オーベンセ

探しても探しても出てこないと思ったら
Introduced そうnonnative

これだけでなく、Introducedは沢山沢山あった
日本も今や外来種だらけだけど標高が高いところまではまだ汚染の手が伸びていない気がする
でもアルゼンチンのチリの山々は外来種で花畑ができている



aDSC_0267 Cerastium arvense セラスチウム オーベンセ
外来種とは知らず、真剣に撮影(笑)

だれか教えてほしかったw


今日は二十四節気の一つ【大寒】
あまり大寒らしい寒さは無いのだけれど
今シーズン新規導入のビニールハウスヒーターはフル稼働
給油の回数の多さに困惑w
20リットルのポリタンクを運ぶのに難儀
もっとパワーがほしい今日このごろ

昨日届いた多肉植物&コーデックスguide book
こちらも昨日届いた南米の植物の本
Flowers of the Patagonian Mountains
を交互に見ながら
この寒さを楽しもうかなw





 沢山の多肉植物に逢いに行きませんか? 
ポチ↓いただけると励みになります


にほんブログ村
ランキングに参加しています(´▽`*)

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


【お知らせ】 新刊:『多肉植物&コーデックスGuide Book』 主婦の友社

2019/01/19 17:48
画像

本日'主婦の友社'さんから発売の

『多肉植物&コーデックスGuide Book』

コチラの書籍に、私が南アフリカで撮影した植物の写真を掲載していただきました
(11P,12Pの一部)

なんと表紙の1枚にも使ってもらって感激です!
(center)

画像

原産地の紹介から、多肉植物・コーデックスの栽培方法&育て方
現地球の発根までの様子や植物マニアの本音まで
塊根好きにはたまらない1冊となっています!


こんなにもコーデックスについて熱く紹介した書籍ははじめてなのでは?と
驚くほど充実しています

荒々しいボトルツリーの自生地画像を見ると鼻息が荒くなりますよ!

もちろん、リトープスやエケベリア、セダムなどの The多肉植物 の育て方も紹介しています

是非!手に取っていただけるとうれしいです\(^o^)/
よろしくお願いします┏●




多肉植物&コーデックス GuideBook [ 主婦の友社 ]
楽天ブックス
主婦の友社 主婦の友社タニクショクブツアンドコーデックスガイドブック シュフノトモシャ 発行年月:2


楽天市場



多肉植物&コーデックス GuideBook
主婦の友社

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト


本当はもうちょっと気の利いた紹介をする予定でしたが
早く紹介したくてちゃちゃっと載せちゃいました(笑)





 沢山の多肉植物に逢いに行きませんか? 


にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
ランキングに参加しています(´▽`*)
ポチいただけると励みになります





記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


Eriospermum dregei エリオスペルマム ドレゲイ

2019/01/18 20:55
画像
2018.9.16


Eriospermum dregei
エリオスペルマム ドレゲイ

南米植物ブログを書きたいのだけれど
どうしても名前が見つけられなくて先に進めなくって
ライトな記事を気晴らしに書こうと思った次第


一番最近、手元にある植物をカメラで撮影したのは
昨年の9月という驚きw

見てみると昆虫と植物
ワタシの好きな写真だった


aDSC_0045 Eriospermum dregei エリオスペルマム ドレゲイ
花が終わったあとに、こんなふうに付属器の付いた葉がでるのが特徴
このドレゲイは一般的(?)なものとはちょっと違う毛の薄いタイプw
写真は結構古いの持ってきた


dregei は人名からきた種小名


aDSC_8221 Eriospermum dregei エリオスペルマム ドレゲイ
ハナアブはウチの植物の常連さん(笑)
彼らのおかげで結実しちゃうこともある
aDSC_0290 Eriospermum dregei エリオスペルマム ドレゲイ
こんな風にねw
こんなにもっこりな鞘でも種子は1鞘に1つだけ



aDSC_8220 Eriospermum dregei エリオスペルマム ドレゲイ
エリオスペルマムの花ってとっても好き

昨年はお友達のおかげ(ありがとうございます)でエリオスペルマム長者になりましたw
一昨年大人買いしたものと合わせてエリオスペルマムだらけにww
同じ種類でもエネーションがちょっと違ったり
葉の色が違ったりとってもオモシロいの



今朝は少し雪が積もって、風が強く吹いて
積もった雪が吹き飛ばされるようなお天気
会社に行ったら革靴で雪の中を歩く人が!
自分の部署に出張で来ていた九州男児(神奈川在住)だw

「どうしたの?」って聞いたら
「雪がうれしくて」って言うからなんかかわいいw


雪があたりまえの世界に住んでいるから
雪が降ってうれしいなんて最近思ったことなかった
なんでも楽しむ気持ち忘れちゃいけないね

軽く書くつもりが時間はいつも通りぢゃまいか(汗

 沢山の多肉植物に逢いに行きませんか? 


にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
ランキングに参加しています(´▽`*)
ポチいただけると励みになります





記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


Maihuenia patagonica  マイフェニア パタゴニカ

2019/01/16 21:22
画像
Photographed on 23.November.2018_12:29
(República Argentina Local time)
flag054


再度登場ですが見た場所が違うので許して

日本国内で栽培されている Maihuenia patagonicaを検索して
いくつか見せてもらったけど、全く別物に見えるw

ひょろひょろと伸びる実生数年の株からは想像できないほど
貫禄とか威厳という言葉が当てはまる存在



aDSC_0264 Maihuenia patagonica  マイフェニア パタゴニカ
この株だって10年は経過していそう



aDSC_0273 Maihuenia patagonica  マイフェニア パタゴニカ
花びらが短いタイプ 食べられちゃったって可能性もあるし
寒くて伸びれないって可能性もあるよね




aDSC_0275 Maihuenia patagonica  マイフェニア パタゴニカ
この間までPereskioideaeコノハサボテン亜科って思ってたこのマイフェニア
いつの間にか独立してMaihuenioideaeマイフェニア亜科になってた(笑
同じコノハサボテン亜科だったPereskiaペレスキアは
いつの間にかひとりぼっちでPereskioideae亜科を担ってる



aDSC_0285 Maihuenia patagonica  マイフェニア パタゴニカ
枯れて朽ちてる部分が多い株



aDSC_0290 Maihuenia patagonica  マイフェニア パタゴニカ
グラス系の植物と




aDSC_0323 Maihuenia patagonica  マイフェニア パタゴニカ
気合を入れれば素足でこの上を歩けると思う



aDSC_0347 Maihuenia patagonica  マイフェニア パタゴニカ
病気の株?それでも生きているところは根が貼っているんだろう・・・
カイガラムシ的なもの?




aDSC_0363 Maihuenia patagonica  マイフェニア パタゴニカ
三連休全力で遊んできたので睡魔と戦闘中
頭を机に打ちそうになってたりするけど
伝えたいことはたくさんあるからもうちょっとがんばりたい




aDSC_0376 Maihuenia patagonica  マイフェニア パタゴニカ
蕾がいーーーーっぱい





aDSC_0395 Maihuenia patagonica  マイフェニア パタゴニカ
何かの暗号?



aDSC_0399 Maihuenia patagonica  マイフェニア パタゴニカ
実生5年ってとこかな?




aDSC_0403 Maihuenia patagonica  マイフェニア パタゴニカ
草姿はヤレータみたいでしょ?



Maihueniaとはなんぞや?と思っていたけど
チリに多くある名前 maihuén からきたらしい・・・
マイフェニアが種属として認識されたのはチリが最初ってことね

ワタシはチリではマイフェニアは見なかったのでなんとも言えないけど
アンデス山脈の稜線(チリとアルゼンチンの国境)をまたいで
左右にマイフェニアがあるなんて不思議
でも種子を運ぶのが鳥なら納得?




途中で眠ってしまって、何日もかけてこの記事をかきました(笑)
何日もかけた割にこの中身?なんていぢめないでw






 沢山の多肉植物に逢いに行きませんか? 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ


にほんブログ村
ランキングに参加しています(´▽`*)
ポチいただけると励みになります
記事へナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2


Phacelia secunda ファセリア セグンダ

2019/01/09 22:15
画像
Photographed on 23.November.2018_8:50
(República Argentina Local time)
flag---

Phacelia secunda 
ファセリア セグンダ




Phacelia secunda ファーセリア セグンダ
葉が花がこの産毛の質感がなんかに似ているな
・・・と思って調べたら
忘れな草やヒレハリソウに比較的近い種類
なるほど!納得!




aDSC_0060 Phacelia secunda ファーセリア セグンダ
学名の secunda は片側に偏っての意味
どうも花が同じ側に(片側に)偏っていることからつけられた名らしい






aDSC_0066 Phacelia secunda ファーセリア セグンダ
ほら、なんかこの草知ってるでしょ?w





aDSC_0063 Phacelia secunda ファーセリア セグンダ


インフルエンザが流行してきました
不思議だよね目に見えないウイルスに勝てないんだからw

その他職場では体調不良が続出

できる限り予防して、美味しいものを食べて早く寝ようw










 沢山の多肉植物に逢いに行きませんか? 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ


にほんブログ村
ランキングに参加しています(´▽`*)
ポチいただけると励みになります
記事へ驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2


Coliguaja integerrima コリグアジャ インテゲリーマ

2019/01/08 21:32
画像
Photographed on 23.November.2018_9:42
(República Argentina Local time)
flag053



Coliguaja integerrima
コリグアジャ インテゲリーマ



南米に来てから自分の勘が全く通じないってことを思い知らされていたのだけれど
これはピンときた(笑) のが正解!

そう これ トウダイグサ科!


こんな変な花(褒めてる)が咲いていて明らかに異質・・・
けど、誰もこのコリグアジャに興味が無いと思っていたのに
ツアー記録の中に現地ガイドの記したリストがあって
名前を見つけた!
さすが!マルセラ!



aDSC_0195 Coliguaja integerrima  コリグアジャ インテゲリーマ
節操なく広がる枝



ここに来るまでにと数日後にまた戻って来て拠点としたzapalaにあるホテルは
カジノを併設
アルゼンチン国内ではカジノを沢山見かけたけど
カジノを楽しむくらい豊かな国には見えなかった

9時を過ぎても明るい空に
夜通しカジノ客で騒がしいホテル
夜更けも朝方も関係なく叫ぶ犬
地上1階のフロント階は「0」 部屋のある3階は「2」と
エレベータの表示がわたしの常識とは異なっていて困惑
こんなにもいろいろ違うとオモシロくなってくる(笑)


アルゼンチンの通貨になかなか両替できず
結局はレートもヨク解らないまま
このホテル併設のカジノで初めてアルゼンチンペソを手にすることに
でもやっと手にしたアルゼンチンペソも最終的にはあまり使うチャンスが無かった


ここ一年でのインフレ率が50%ほどのアルゼンチンは通貨の価値などあってないようなもの
お隣の近代的な風景が連なるチリとは大違い
それぞれの街を歩いてみて(車で通りすぎただけかな?笑)
どちらかというと鈍感な私がこんなにも両国の格差を感じるのだから・・・

隣り合い同じ言語(スペイン語)をはなし、パタゴニアを共に有する
アルゼンチンとチリがこんなにも経済的に差があるのだから
政治的要素?か国民性か?
国って難しい








 沢山の多肉植物に逢いに行きませんか? 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ


にほんブログ村
ランキングに参加しています(´▽`*)
ポチいただけると励みになります

記事へ面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2


Junellia patagonica Whiteflower ジュネリア パタゴニカ 白花

2019/01/07 18:54
画像
Photographed on 23.November.2018_10:54
(República Argentina Local time)
flag054

Junellia patagonica Whiteflower
ジュネリア パタゴニカ 白花




aDSC_0338 Junellia patagonica Whiteflower ジュネリア パタゴニカ 白花
前にブログを書いたのは桃色花
こちらはクリーム色に近い白色花



aDSC_0330 Junellia patagonica Whiteflower ジュネリア パタゴニカ 白花
ブロッコリー力は変わらず半端ないんだけどね




aDSC_0329 Junellia patagonica Whiteflower ジュネリア パタゴニカ 白花
アルゼンチンとチリの旅では同じ植物なんだけど
花色が違うっていうのがたくさんあったように思える
このジュネリアもそのうちのひとつ
他のエリアで別の色も見た

その花色の違いも赤!黄!青!といった具合にはっきりしたものではなく
すこしくすんでいるとか濃淡レベルだったりするけど
こんなに個体差がでるのか!と感心(困惑)してしまうほど


南アフリカで花を見たとき(特にメセン類)は
同じ種類の中で花色の変化はあまり豊富ではなかったから
その経験から知らずに自分の中にできていた固定概念が
いろいろ邪魔をするんだ





aDSC_0346 Junellia patagonica Whiteflower ジュネリア パタゴニカ 白花
ゴツゴツとした礫や砂に近い石だけでできた土地
斜面に乗ればがらがらと崩れるようなそんな場所に
ぽちぽちと植物が生えている(生き残っている?)姿は
なんとも独特 



aDSC_0328 Junellia patagonica Whiteflower ジュネリア パタゴニカ 白花




aDSC_0340 Junellia patagonica Whiteflower ジュネリア パタゴニカ 白花
かわいいでしょ?二匹いるんだよ!
しかも色違い


前に秋田駒ケ岳に登った時に撮影した
ハヤチネフキバッタ(固有種)」に似て
大きさと色は違えど、羽無く飛ばない種類っぽい
おとなしくて手乗りもする(乗せたw)


海外の旅はこんな昆虫や生き物との出会いも面白い
ガイドのMarcelaが言うにはみーーんな「beautiful!!!!!!
植物も景色も昆虫も動物も山も湖も見るものすべてbeautifu!

本当に自然は美しくて偉大で形容しきれなくて、愚かなのは人間で
ってね
いろいろ考えさせられるよねw





 沢山の多肉植物に逢いに行きませんか? 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ


にほんブログ村
ランキングに参加しています(´▽`*)
ポチいただけると励みになります
記事へ面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2


Nassauvia axillaris ナッソービア アクシラリス

2019/01/06 20:28
画像
Photographed on 23.November.2018_9:07
(República Argentina Local time)
flag053

Nassauvia axillaris
ナッソービア アクシラリス

Nassauvia はドイツの西部 Nassau の王子にちなんでつけられた属名

axillaris は腋生(えきせい)の
腋生ってのは葉の付け根を意味して
葉の付け根から花が出ることからきている



aDSC_0092 Nassauvia axillaris ナッソービア アクシラリス
南米の植物ってみんなこんなにトゲトゲしい


aDSC_0159 Nassauvia axillaris ナッソービア アクシラリス
ぼーーーっとしてると靴に服にひっかかる



aDSC_0211 Nassauvia axillaris ナッソービア アクシラリス
ほら! 言わんこっちゃない




aDSC_0251 Nassauvia axillaris ナッソービア アクシラリス
キンチャクソウも隠れ家に



aDSC_0088 Nassauvia axillaris ナッソービア アクシラリス
花が付いているものは見れなかったけど
このとげとげの間から一斉に白い花が咲いて
棘が見えなくなるほどらしいよ



aDSC_0219 Nassauvia axillaris ナッソービア アクシラリス
大群生!と雪山と


根は先住民によって櫛(くし)を作るために使われたそう
ナッソービア櫛で髪を梳かしてみたいもの

今回の旅の数日前に
「不便な国に行くので手入れのしやすいようにしたい」って言って
髪を切ったのだけれど、不本意にもちびまる子ちゃんみたいになって
困惑(笑)
梳かせないくらい(笑)
髪とかほかいろいろ強いこだわりは無いのだけれど
ねぇ(笑)





今日で年末年始のお休みも終わりのかたも多いのでは?
だーーーいぶゆっくり過ごしたので
南米の旅のいろいろな片づけも何とか終えた


新しい年はやっぱり植え替えを頑張る年にしよう(笑
これは毎年毎年同じだったりするけど
昨年は後半に植物を動かしたので、より自分の管理の悪さを露呈して反省中
それでもなかなか進まないんだから困りもの
あーこれはどの鉢に植えよう
あーこれはどこに置こう
迷ってる時間が長いのが困りもの
サクサクやりたいね






 沢山の多肉植物に逢いに行きませんか? 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ


にほんブログ村
ランキングに参加しています(´▽`*)
ポチいただけると励みになります

記事へガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2


Calceolaria polyrhiza カルセオラリア ポリュリザ

2019/01/05 14:02
画像
Photographed on 23.November.2018_10:12
(República Argentina Local time)
flag---

Calceolaria polyrhiza
カルセオラリア ポリュリザ


ポパイの横顔に見えるのはワタシだけ?

そういや、昔オリーブって呼ばれてたなw
(ガリガリで首が長かったからねw皮肉の意味でw)


aDSC_0252 Calceolaria polyrhiza カルセオラリア ポリュリザ
湖のほとり 目に入ったのはこの真っ黄色のカルセオラリア


aDSC_0250 Calceolaria polyrhiza カルセオラリア ポリュリザ



aDSC_0248 Calceolaria polyrhiza カルセオラリア ポリュリザ



aDSC_0243 Calceolaria polyrhiza カルセオラリア ポリュリザ
この赤いブツブツがあるとなんとも魅力が増す



aDSC_0242 Calceolaria polyrhiza カルセオラリア ポリュリザ
ワイワイガヤガヤミーティングみたい笑



aDSC_0241 Calceolaria polyrhiza カルセオラリア ポリュリザ
日本では巾着草(キンチャクソウ)と呼ばれているらしく
「僕の巾着は小さいからお金が'入っていないんだ」とか
ツアーメンバーのお金持ちそうな人が言うんんだから面白い


属名の Calceolaria もラテン語でスリッパ(小さい靴)を意味し
生活必需品っぽさを拭いきれないw

polyrhizaは多くの根の意




aDSC_0239 Calceolaria polyrhiza カルセオラリア ポリュリザ


aDSC_0235 Calceolaria polyrhiza カルセオラリア ポリュリザ
キンチャクソウって存在すら今まで気に留めたことなかった



aDSC_0233 Calceolaria polyrhiza カルセオラリア ポリュリザ



aDSC_0232 Calceolaria polyrhiza カルセオラリア ポリュリザ




今日は今年初の山登りに行ってきました!
風が冷たいし、雪が深いし低い山(散策コースレベル)だけど
身体慣らすにはちょうどよい
何よりすがすがしい!
画像

山で見つけたセダム(モリムラマンネングサ?)


今日は入る(登り始めて身体が慣れる)のが早かったな
アイゼン使わないでビス付きの長靴で挑戦
今年はペース上げていこう

またはらはら雪が降ってきた








 沢山の多肉植物に逢いに行きませんか? 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ

にほんブログ村
ランキングに参加しています(´▽`*)
ポチいただけると励みになります
記事へかわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2


Azorella monantha アゾレア モナンサ

2019/01/04 21:13
画像
Photographed on 23.November.2018_10:46
(República Argentina Local time)
flag054

Azorella monantha
アゾレア モナンサ

アゾレア属はヤレータ(Yareta)と呼ばれ南米では象徴的な植物
「Three thousand?」「Really?」「This tree?」「Really?」
ガイドのマルセラに何度も聞き返したけど
3000歳を超える樹齢
そう  なのだ


アリが受粉するというこの植物は年に1.5センチしか成長しない
樹液を出し虫を呼ぶ

種小名の monantha は 一花の という意味
一花の意味が解らなかったけど
Azorellaは雌雄異体のものもあるから雌雄同体って意味なの?
そこらへん勉強不足


aDSC_0317 Azorella monantha  アゾレア モナンサ
3000年生きるって想像できる?
こんな小さなロゼットを作る木が
私達よりずーーーっとずーーーと年上だなんて


aDSC_0260 Azorella monantha  アゾレア モナンサ
枯れ込んだ脇から幹らしきものが見えた株もあった




aDSC_0259 Azorella monantha  アゾレア モナンサ
小さい小さい花
花を見ればセリ科ってわかる?

(><; ) わかんないん!




aDSC_0316 Azorella monantha  アゾレア モナンサ
今回の旅ではこの先何種ものヤレータに会うことになるのでした







 沢山の多肉植物に逢いに行きませんか? 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ

にほんブログ村
ランキングに参加しています(´▽`*)
ポチいただけると励みになります
記事へ驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2


Acaena caespitosa アカエナ カエスピトーサ

2019/01/03 16:23
画像
Photographed on 23.November.2018_9:43
(República Argentina Local time)
flag053

Acaena caespitosa
アカエナ カエスピトーサ

初めて耳にするアカエナ属とは
ギリシャ語で「トゲ」を意味するアカイナ(akaina)に由来

種小名のカエスピトーサ
「群がる」や「ブッシュ状」のからくる意


aDSC_0220 Acaena caespitosa  アカエナ カエスピトーサ
トゲらしさはないんだけどねw
朝霧草のような質感でそれに近い種だと思っていたけど
全くの間違いでアカエナは「バラ科」、朝霧草は「キク科」全く別モノ

で、このブログを書くにあたって
いろいろ調べていて気付いたけどアカエナのトゲを意味するのは
花→実の形からくるっぽい


aDSC_0115 Acaena caespitosa  アカエナ カエスピトーサ
このちょっぴり出るボール状の花芽が
開花後トゲ状に変化するらしい



aDSC_0112 Acaena caespitosa  アカエナ カエスピトーサ
すこし枯れこむ部分もあったりして
適合した植物さえ生きていくのは大変なんだなと


aDSC_0111 Acaena caespitosa  アカエナ カエスピトーサ
ふわふわ


aDSC_0110 Acaena caespitosa  アカエナ カエスピトーサ



aDSC_0109 Acaena caespitosa  アカエナ カエスピトーサ

もうヤレータ状の植物の多い事多い事
アルゼンチンとチリにはこんな草姿に進化する植物が沢山あるのだ
いや、進化の過程でこんな形ぢゃないと生きていけないって植物自身が
考える(?)環境なんだ


aDSC_0098 Acaena caespitosa  アカエナ カエスピトーサ
ここは Laguna Blanca National Park 大きな大きな湖Laguna Blanca と雪山
ああ、アルゼンチンに来たんだなぁとしみじみ



アルゼンチンの風の音が聞こえる?
音が出ます注意してください
20181123_091450









 沢山の多肉植物に逢いに行きませんか? 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ

にほんブログ村
ランキングに参加しています(´▽`*)
ポチいただけると励みになります
記事へかわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2


Senecio filaginoides セネキオ フィラギノイデス

2019/01/02 16:51
画像
Photographed on 23.November.2018_8:41
(República Argentina Local time)
flag---


Senecio filaginoides
セネキオ フィラギノイデス


むせ返るほどの香りはこの花かもしれない
砂浜や乾燥地を好み広く分布する
花の形はグリーンネックレス(Senecio rowleyanus)や
七宝珠(Senesio articulatus)に似て
花があればセネキオで有ることがひと目でわかった


aDSC_0044 Senecio filaginoides セネキオ フィラギノイデス
花が付いていないと銀葉ラベンダーのよう



aDSC_0071 Senecio filaginoides セネキオ フィラギノイデス
撮影したのが朝早い時間ってこともあって
こんな色の写真が・・・



あっぷ
aDSC_0055 Senecio filaginoides セネキオ フィラギノイデス
ひいて
aDSC_0054 Senecio filaginoides セネキオ フィラギノイデス
ひいて
aDSC_0052 Senecio filaginoides セネキオ フィラギノイデス
ひきすぎw
aDSC_0053 Senecio filaginoides セネキオ フィラギノイデス

4年前南アフリカの旅から帰って
植物友達から写真を見せてほしいって言われて見せたのだけれど
「植物を中心としてドアップの写真ばかりで周りの雰囲気を探れるものが少ないね」って
言われたときに、『そうか!植物のアップだけではダメなんだ」と反省
今回の旅ではそんな教訓(?)を活かそうと、鼻息を荒くして臨んだつもり・・・が
写真が下手になっているorz… という結果(涙

サイズが解る写真や立ち視線から撮影などなど
自分なりに工夫はしてみたものの
南アフリカで撮った写真を超えられず・・・
そりゃ、勉強も努力もしてないものね
自業自得
次の為(笑)にもう少しカメラの腕を磨かねばw


aDSC_0032 Senecio filaginoides セネキオ フィラギノイデス
そしてどうしても縦に撮影するのがすきなのだけれども
縦に撮影した写真は、ほかの用途で使い勝手が悪いw


aDSC_0026 Senecio filaginoides セネキオ フィラギノイデス
もちょっと先に計算していろいろできるといいんだけど
行動を本能にしか委ねてなくて
両ひざと両肘の周りにある痣の名残がまだ残ってるのを
昨日発見!
この痣(黒血)の跡がすっかり消えるころには写真の整理が
終わっていたいところ

aDSC_0024 Senecio filaginoides セネキオ フィラギノイデス
フィラギノイデスには薬効があって
風邪の内服薬に使ったり、骨の痛みに対する外用薬といて用いられる
あたし、これをもりもり食べたり、体に貼ったりすれば良かったんぢゃ?

乾燥させたフィラギノイデスを燻した煙を使い
家畜などのジステンパーの治療薬としても用いられる

aDSC_0025 Senecio filaginoides セネキオ フィラギノイデス



さて!わたしは何を撮ったのでしょう?
aDSC_0023 Senecio filaginoides セネキオ フィラギノイデス
この子の話はまた後日(^▽^)/


\\\謹賀新年///
今年もどうぞよろしくお世話してくださいませw
<m(__)m>





 沢山の多肉植物に逢いに行きませんか? 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ

にほんブログ村
ランキングに参加しています(´▽`*)
ポチいただけると励みになります
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


Viola tectiflora ビオラ テクティフローラ

2018/12/31 00:17
画像
Photographed on 23.November.2018_9:43
(República Argentina Local time)
flag053

Viola tectiflora
ビオラ テクティフローラ


学名の tectiflora は隠れた植物と解釈・・・
合っているかしら?
でも本当に隠れた植物
aDSC_0210 Viola tectiflora ビオラ テクティフローラ
どこにいるかわかる?(真似w



aDSC_0140 Viola tectiflora ビオラ テクティフローラ
本当に隠れているから間違って踏んじゃいそう


aDSC_0142 Viola tectiflora ビオラ テクティフローラ
サイズ感  この株はまあまぁ大きい


aDSC_0150 Viola tectiflora ビオラ テクティフローラ
保護色ってこういうこと


aDSC_0151 Viola tectiflora ビオラ テクティフローラ
今年は雪が多く寒い春の始まりだったようで
花付きがとても悪かったそう
蕾を沢山付けた株がいくつも点在


aDSC_0158 Viola tectiflora ビオラ テクティフローラ



aDSC_0164 Viola tectiflora ビオラ テクティフローラ
葉脈と葉の縁のふりふりがとっても美しい
これは花がなくても楽しめる
一つ一つが雪の結晶のような 大切に編み込まれたモチーフのような




aDSC_0167 Viola tectiflora ビオラ テクティフローラ
かくれんぼ




aDSC_0170 Viola tectiflora ビオラ テクティフローラ





aDSC_0174 Viola tectiflora ビオラ テクティフローラ
バミューダトライアングル?



aDSC_0176 Viola tectiflora ビオラ テクティフローラ




aDSC_0179 Viola tectiflora ビオラ テクティフローラ
手前のねばねば植物も気になるw



aDSC_0183 Viola tectiflora ビオラ テクティフローラ




aDSC_0184 Viola tectiflora ビオラ テクティフローラ
本当に地面にはいつくばって目立たないようにしてるんだ



aDSC_0186 Viola tectiflora ビオラ テクティフローラ
整列?




aDSC_0188 Viola tectiflora ビオラ テクティフローラ
さがしてみてね?



aDSC_0197 Viola tectiflora ビオラ テクティフローラ



aDSC_0206 Viola tectiflora ビオラ テクティフローラ




aDSC_0215 Viola tectiflora ビオラ テクティフローラ




aDSC_0223 Viola tectiflora ビオラ テクティフローラ




aDSC_0226 Viola tectiflora ビオラ テクティフローラ


アルゼンチンで植物を見るぞ!と出発して
1時間程度で目的のロゼットビオラに出会った
こんなに早く? こんな場所に?
10年以上恋焦がれたロゼットビオラにあっさり出会ってしまい
しかもサボテン撮影で夢中で出遅れ笑

こんなに小さくて儚くて繊細でイメージとは全く異なる環境に生きる
ロゼットビオラを初めてこの目で見た感想を
ぐちゃぐちゃと言葉にしてその場で吐き出してはみたものの
どれも陳腐で足りなくて・・・


ロゼットビオラと呼ばれるスミレは
アンデス山脈を中心とする南米にのみ生息
原種は約40種とされているが
今だ分類は迷走しているよう

今回の旅で9種類のロゼットビオラを見たと
ツアーガイドの記録をもらったけれども
同じ場所で、少し離れた場所で
花色の個体差も含めて同分類でいいのかと思うほどの違いがあり
9種以上のロゼットビオラに出会ったように思えるのは得した気分?





今年も残すところ24時間を切りました。
どんな年でしたか?

わたしは〜?
沢山いろんなことがありすぎて振り返るのが大変なくらいw
助けてもらうことや励ましてもらうことが多くて感謝の一年になりました。

なかなか一眼レフの出番が無い年だったけれども
最後の最後?に大きな出番がやってきて大役を果たしてくれました。

来年も魅力的な植物との出会いがあるといいな。

こちらをご覧のみなさまにとっても
来年がより良き年になりますようにお祈りしています。

今年一年ありがとうございました。
来年もどうぞよろしくお願いします。



 沢山の多肉植物に逢いに行きませんか? 


にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
ランキングに参加しています(´▽`*)
ポチいただけると励みになります

記事へナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2


Junellia patagonica pinkflower ジュネリア パタゴニカ 桃花

2018/12/30 05:28
画像
Photographed on 23.November.2018_10:52
(República Argentina Local time)
flag054

Junellia patagonica pinkflower
ジュネリア パタゴニカ 桃花

パタゴニカって名前が気に入っていただいたようなので
パタゴニカシリーズ(笑) いきましょー\(^o^)/

ガイドさんに教えてもらったのは
パタゴニアにある植物は
ぜーーーんぶパタゴニカ
ぜーんぶマゼラニカ


初めて見つけたらパタゴニカなのか
全域に生息するからパタゴニカなのか
パタゴニアで象徴的だったら・・・?
名前がつく所以を知りたいところ



そしてこのふんわり癒し系のもっこり植物は
見た目と違って硬い!

DSC_0334 Junellia patagonica pinkflower ジュネリア パタゴニカ 桃花
誰でしたっけ?硬いのが好きなのは



DSC_0333 Junellia patagonica pinkflower ジュネリア パタゴニカ 桃花
花もあんまり上手に咲けない(笑)
不器用らしい




DSC_0331 Junellia patagonica pinkflower ジュネリア パタゴニカ 桃花
花無く、「ブロッコリーです」って言われたら
食べちゃうよね?



画像

木!が生えている珍しい!
って撮影したら人家があったよ



DSC_0322
これ何の虫?



雪がすごいね!(またその話?
雪かき作業で手にできたマメが潰れてしまって
もう何もやりたくないw


やっと本を注文しました
Flowers of the Patagonian Mountains
画像


早く届かないかな?わくわくw






 沢山の多肉植物に逢いに行きませんか? 


にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
ランキングに参加しています(´▽`*)
ポチいただけると励みになります

記事へ面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2


Senecio sublatus セネキオ サブラツス

2018/12/29 00:04
画像
Photographed on 23.November.2018_8:42
(República Argentina Local time)
flag---

Senecio sublatus
セネキオ サブラツス


南アフリカでもアルゼンチンでも
セネキオはビッグファミリー(世界的にも?)
種類も多く頻繁に見かける 判別も難しい


この種もガイドが送ってくれた資料がなければ不明種のままであろうし
学名を検索してもなかなか期待の記事に出会えない

背丈を超えるほど大きな株
DSC_0057 Senecio sublatus  セネキオ サブラツス



DSC_0037 Senecio sublatus  セネキオ サブラツス
見れば見るほど菊



DSC_0062 Senecio sublatus  セネキオ サブラツス
この手の植物に私の触手が動かないのは
皆さんご存知のところw


この菊エリアからの景色
画像


みなさんお気づき?









ずーーーーーーーーっと 背の高い木が生えてない

ここNeuquén(ネウケン)の年間降水量は約180mm
ステップ気候のような景色を作り出している

奥には雪まみれの山
きっとチリとの国境

こんな木の生えてないただたた平原が続く道を
車に揺られただただ眺めて過ごした旅から
もう一ヶ月が経つなんて





今季最強の寒波とやらが直撃中
本当に寒い笑
雪も多く降ってやっと冬らしくなってきた

雪かきや車の運転を考えると「雪降らないで」とは
口に出して言ってしまいがちなんだけど
真っ白に染まって、誰も足を踏み入れていない雪原が
朝日を浴びる景色を窓からみると
少し得をした気分にもなるのです

でもやはり心配なのは植物・・・
対策はしているというもの庫内の温度は大丈夫か
雪でビニールハウスが潰れやしないか
ヒーターの灯油の残量は?
あー今朝水やっちゃった
などなど挙げるキリがない
一喜一憂とはこのことか(たぶんち((ry

年末年始といえども、いつもどおり
植物を見回す生活を送っておりますw



ああ”・・・ 日付が変わってしまう・・・



 沢山の多肉植物に逢いに行きませんか? 


にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
ランキングに参加しています(´▽`*)
ポチいただけると励みになります




記事へ驚いた ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2


Junellia connatibracteata ジュネリア コンナチブラクテアタ

2018/12/23 23:05
画像
Photographed on 23.November.2018_8:40
(República Argentina Local time)
flag---

Junellia connatibracteata
ジュネリア コンナチブラクテアタ
注:読み方テキトー


こちらのジュネリア(シュネリア)は茎立するタイプ
ピンク色の小さい花をたくさんつける
良い香りと文献で見たけどむせ返るような
圧迫感のある香り(周りに生えすぎてた?)で
ほかのセネキオ類と香りの区別がつかなかったので
私の中ではよくない香り寄り


ジュネリアは84年も前に付けられた属名
植物研究をしていたS. Junellさんにちなんで命名

種小名のconnatibracteata はちょっと理解に苦しんだけど笑
融合(合着)された苞葉 って感じかなぁ?
苞葉が融合されてんのか
再確認のため、またパタゴニアに行かねばならぬw


観察したのはzapalaから比較的近い場所だったけれども
比較的分布は広く一般的な植物だけれども単位的には豊富とは言えないらしい



DSC_0022 Junellia connatibracteata ジュネリア コンナチブラクテアタ

こんなふうにもりもり生育


DSC_0041 Junellia connatibracteata ジュネリア コンナチブラクテアタ

艶消しマットな肌が魅力な花



DSC_0029 Junellia connatibracteata ジュネリア コンナチブラクテアタ

とりあえずサイズ感




DSC_0068 Junellia connatibracteata ジュネリア コンナチブラクテアタ

花が少しな株



DSC_0038 Junellia connatibracteata ジュネリア コンナチブラクテアタ

花が付いていない株(なんで?




DSC_0073

あっ!





DSC_0077

こんな写真が撮りたくなる場所




某所でもつぶやいたんだけどこのブログのサイドバーにあった
ブログパーツブックマークがサービス終了で
いつの間にか消滅していて笑

さて、もう一回お気に入りのブログを集めてリンクしよう!
ってすでに解けきっている記憶を紡ぎなおして
頑張ったけど(笑) 探しきれないリンク多数w

それでも何とかお気に入りを集めて
新しいサービスに乗っけてみたところ
定期的に更新が行われているブログって本当に少ない

SNSが人気で主流の今!
ブログって・・・


でもSNSでは書ききれない長い文章や訪問返し的な煩わしさが無い
などなど
メリットは結構あるんぢゃないかな?

ホームページ作成からネット社会の世界に入ったワタシですが
ブログ、SNSとどんどん手軽さが優先されていく時代に
ちょっとだけ抵抗してみたい笑

目の前まで ふぁいぶじぇねれーしょん が来ようが
お湯を注ぐだけでおにぎりが出来ようが
運転席で寝ていても車が目的地に到着しようが
g●●gle先生が何でも教えてくれようが
めんどくさい事を全力で今後も取り組もう!(誰得?


ちゅーことで、牛スジを買ってきて何時間もかけて煮込み中
え?





 沢山の多肉植物に逢いに行きませんか? 


にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
ランキングに参加しています(´▽`*)
ポチいただけると励みになります

記事へガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2


Junellia azorelloides ジュネリア アゾレロイデス

2018/12/21 22:04
画像
Photographed on 23.November.2018_10:29
(República Argentina Local time)
flag054

Junellia azorelloides
ジュネリア アゾレロイデス


学名の azorelloides は アゾレア(Azorella )に似たの意

この先、アゾレア(ヤレータ)のお話もしたいと思うのでオタノシミに!


で、
ご要望にお答えしてコチラの植物のご紹介

南アフリカ特有のZaluzianskyaに似た花を持つけれども
Zaluzianskya はゴマノハグサ科
今回ご紹介するJunellia はクマツヅラ科
上位分類からみたらどちらもシソ目だから
少し似てるかも?な再従兄弟ぐらいってことでおk?


DSC_0255  Junellia azorelloides  ジュネリア アゾレロイデス
今回の南米の旅ではたくさんのジュネリアとその近属種に出会いました
存在すら知らなかった植物が、何度も見てるうちに
大好きになってしまうんだから(笑)


DSC_0256  Junellia azorelloides  ジュネリア アゾレロイデス
ジュネリアの特徴はこの花であるよう
葉姿は様々
茎立ちするもの、こんもりコケのようなものから花が咲くもの
地面を這うように育つもの



DSC_0258  Junellia azorelloides  ジュネリア アゾレロイデス
花色は日を追うごとに濃くなり
次々に咲く花達は控えめで複雑なグラデーションを
意図なく作り出している
いや、すでに計算されているのかもしれない



ここはアルゼンチン滞在のうち2回も拠点とした
小さな都市 Zapala (ザパラと読みたいけどサパラ) から直線距離で約30キロ南西の場所
恐竜の骨がたくさん見つかるというエリアで
最近ではRebbachisauridaeの新しい恐竜が見つかったそう
このZapalaにある恐竜博物館・・・中見たかったな



 沢山の多肉植物に逢いに行きませんか? 


にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
ランキングに参加しています(´▽`*)
ポチいただけると励みになります




記事へ驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2


Maihuenia patagonica  マイフェニア パタゴニカ

2018/12/19 23:13
画像
Photographed on 23.November.2018_9:28
(República Argentina Local time)
flag053

Maihuenia patagonica
マイフェニア パタゴニカ


植物をはじめた頃、手元の書籍では、マイフェニアは一属一種
poeppigii の存在だけが紹介されていて
高山性・豪雪地帯での屋外栽培が可能ということもあり
札幌等で露地栽培をしているナーセリーを見つけては
何度も買い求め(笑) 夏に、冬にだめにしていた


実際、アルゼンチンに来てpoeppigii とは別のマイフェニアに出会い
大小様々な群生株を見て「わー!」「きゃー」と感激で声を上げる自分とは別のところに、
冷静にこの環境を再現しなければマイフェニアの栽培は叶わないのかと考える自分が居る
ましてや花を咲かせるまでなんて…
DSC_0144 Maihuenia patagonica  マイフェニア パタゴニカ

降雨は年間200mm以下
朝6時には日が昇り、夜は9時を過ぎても外が明るい
最低気温はマイナス3度まで下がり降霜、最高気温は25度を超え
強い風に巻き上がる砂、暑いのか寒いのかよくわからない
乾いた空気に身体中の水分が奪われて
毎日ペットボトルの水を2リットルは飲み干していた

さて、栽培方法の答えは見つかったかしら?



DSC_0131 Maihuenia patagonica  マイフェニア パタゴニカ


私は全員初対面のツアー参加者の皆さんでしたが、
自己紹介の時「多肉植物が好きなんです」といったおかげか
サボテンや多肉質な植物を見つける度
あっちからもこっちからも呼んでいただけて厚謝
一旦植物の写真を撮りだすと夢中で長くなってしまうので
いつも最後のほうでモタツイテしまってごめんなさい



DSC_0103 Maihuenia patagonica  マイフェニア パタゴニカ



この後poeppigii にも出会うことができたのだけれど
このパタゴニカの特徴と言えば、長く鋭い棘
poeppigiiとの見分けはココかと思います




DSC_0148 Maihuenia patagonica  マイフェニア パタゴニカ
これぐらいのきれいな株は珍しく、だいたい崩れて広がって中心が朽ちているものが多い




DSC_0122 Maihuenia patagonica  マイフェニア パタゴニカ

で、疑問もひとつ
咲き終わって結実するとフルーツ(実)は棘の中に埋まってしまう
この埋まった実を誰が運ぶのか?って話


鳥が来てツツクくには棘を避けて低空ホバリング要
動物が食べるには棘が邪魔すぎ
昆虫か?でも種子だってまぁまぁ大きいし…
今日もそんなことを思って馳せて寝れないのか


DSC_0118 Maihuenia patagonica  マイフェニア パタゴニカ





 沢山の多肉植物に逢いに行きませんか? 


にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
ランキングに参加しています(´▽`*)
ポチいただけると励みになります
記事へ面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2


Pterocactus australis プテロカクタス オウストラリス

2018/12/16 22:51
画像
Photographed on 23.November.2018_10:47
(República Argentina Local time)
flag054

Pterocactus australis
プテロカクタス オウストラリス

学名の australis は 南の,南方のぐらいの意

日本を出てから2日間を移動のみに充てやっと着いた
ここはアルゼンチン_ネウケン州(Neuquén)
パタゴニア最大の都市にして最北の都市
こんなに早くサボテンに出逢えるとは思ってもみなかった

現地ガイドの学者からは「テフロカクタス」と聞いて
そうかな?こんなのあるんだと思っていたけど
きっと聞き間違い「プテロカクタス」

日本との時差が12時間
フライトは14時間→14時間→3時間(国内線)
トランジットも含めてもういつが昼なのか今がいつなのかわからない笑

こんなに過酷な移動とは毎度の事ながら想定していなかったけど
ローマから乗ったイタリア人の陽気で秩序のないw 機内での過ごし方を
今後自分の人生に活かそう!と、得るものの大きい2日間の移動w

このあと更に辛苦な旅が待ち受けているとは
想定できるはずもなく笑

画像

旅の前には「情報を入れないで行くのがいい」
なんて勉強不足の言い訳をしていたのだけれど
やっぱり現地を旅して思うのは「少しこの国について調べておけば良かったなぁ」って


DSC_0305 Pterocactus australis プテロカクタス オウストラリス



DSC_0303  Pterocactus australis プテロカクタス オウストラリス



DSC_0301 Pterocactus australis プテロカクタス オウストラリス



DSC_0298 Pterocactus australis プテロカクタス オウストラリス



DSC_0311 Pterocactus australis プテロカクタス オウストラリス

こんなにちいちゃいサボテンが
散策していてすぐ見つかるはずもなく
現地ガイドのマルセラが根気よく探してくれたおかげ
同行ツアーのみなさまが少し時間を私たちにくれたおかげ
その他今回の旅は周りの皆さんにおんぶにだっこで
自分の不甲斐なさを改めて痛感する旅にもなったのでした


乾いた空気、強い風、突き抜ける青い空
目の前に立ちはだかる終わりのない稜線
ここは本当に現存するのか? 今この瞬間は現実なのか?
自分の存在がいかに小さくて影響力のないものなのかを
意識の奥底に、いや潜在意識の中までも浸食するほどの
圧倒的大自然・・・というより地球 を感じさせる
私の中の言葉では表現しきれないんだけど



南米の植物は文献が少ないらしく
南アフリカと違って情報も学者の数も少ない
撮影してきた沢山の植物達の特定はなかなか難儀らしいけど
少しずつ私の気になるものから紹介していければなぁと思います





 沢山の多肉植物に逢いに行きませんか? 


にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
ランキングに参加しています(´▽`*)
ポチいただけると励みになります

記事へナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2


続きを見る

トップへ

月別リンク

カウンター


サイト内検索



Succulent Photo Gallery /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる